2021年4月30日金曜日

「グロテスクな表現が嫌い」はただの好みの問題だが「天皇制が嫌い」は思想の問題である

「グロテスクな表現が含まれます」とはあるが「天皇が出てきます」とは書かれていない…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2。以下『超力兵団』)のパッケージには「このゲームには暴力シーンやグロテスクな表現が含まれています」の注意喚起があるが、他方で「このゲームは天皇を守護する組織が味方で、大正天皇を救う話があります」とは書いていない。これを書くとネタバレになるから、書く訳にはいかないのは分かるのだが…。しかし、この表記が無いことである問題が生じている。今回はそれについて書く。

「天皇制が好きか嫌いか」は思想の問題なので…

『超力兵団』は天皇を守護する「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス)が味方で、第七話では大正天皇としか思えない人物を救えとヤタガラスに命令される。これを拒否するとゲームは先に進まなくなってしまう。
この話の問題点は、「天皇制を嫌う思想の人を排除するもの」である点。その時点で「思想差別」と言える。「グロテスクな表現が嫌いだからこのゲームは嫌い」なのは単なる好みの問題だが、「天皇守護組織が味方なのでこのゲームは嫌い」というのは思想の問題である。日本には天皇好きな人だけではなく、「天皇制を嫌う日本人、在日韓国人、在日中国人」も多く居ることを考えないのは問題だと思う。
パッケージに「グロテスクな表現が~」という表記があるのは、「暴力やグロテスクな表現が嫌いならこのゲームは買わないで下さい」という意味であるが、このゲームの場合は「天皇制が嫌いならこのゲームは買わないで下さい」とも書くべきだ。
このエントリーをはてなブックマークに追加