2022年1月14日金曜日

「世界に誇る皇室」…? 差別制度を世界に誇ってどうする?

 

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

右翼と保守の常套句

右翼と保守の常套句として「世界に誇る皇室」というのがあるが、天皇制は身分差別制度で女性差別なども包括しているのに、それを「世界に誇って」どうするよ…、と思う。むしろ世界の恥では無いのか? 外国人もつられて「皇室は素晴らしい!」とか言ってたりするけど…、天皇制の本質を知ればそんなことは言えないはずなのに…。ただのサービストーク?

そしてヤタガラスもまた…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)に出てくる天皇守護組織・超國家機関ヤタガラスもまた、「皇室は世界に誇るもの」と思っているに違いない。そのような考えでなければ、第七話で大正天皇としか思えない人物を救えとは言わないはずだから。
このゲーム自体が、実は「皇室と天皇制は世界に誇るもの」ということをアピールするために作られた、と考えても別におかしくは無かろう。そうでければ「トホカミエミタメ」なんて「天皇が唱えるとされる祝詞」が出てくるはずも無いし(最終話参照)。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年12月30日木曜日

ライドウは平和主義者? それはヤタガラス配下を辞めてから言うことだな!

 

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

ヤタガラスは天皇を守護している、ということは…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)の主人公・ライドウは、帝都を護っているから平和主義者なんだろう…、と思う者は多いのかも知れないが、それは間違っている。なぜなら、大正天皇を守護している「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス)の配下であるからだ。
日本軍の大元帥たる大正天皇を守護するとはどういうことか? 天皇が戦争を始めると言い出せば、それに逆らわないことを意味している。だから、ライドウもそれに従うってこと。ヤタガラス配下を辞めない限りは。

真の平和主義者ならヤタガラスに仕えることはしない!

よくよく考えれば、ライドウが真の平和主義者であるならば、初めから天皇守護組織ヤタガラスに仕えることはしないはず。むしろヤタガラスとは敵対する存在であるべきだ。大元帥・天皇を護るヤタガラスに仕えながら「私は戦争に反対する平和主義者だ」と言うのはペテンでしか無い。自らヤタガラスを滅ぼしてからそう言うのならばいいのだけど。

別ブログの更新情報

ついでに別ブログ「悪魔狩人・桐嶋ローダversus日帝守護組織やたがらす」の更新情報もお届けする。



このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年12月11日土曜日

ちゃらんぽらんな鳴海にライドウを預けるべきでは無かったと思うが、それが実はヤタガラスの思惑だったとすれば…

 

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』や『リラックマ』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

なぜ鳴海に預けたのか…?

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)の話だが、鳴海のようなちゃらんぽらんな男はライドウの保護者には相応しくない。何しろスクナヒコナに対して「昔のことは今の俺たちには関係無い…」なんて言うような奴だぞ? ネトウヨか? 歴史修正主義者か? はっきり言って教育に悪い。

実はそれこそがヤタガラスの思惑だった?

ただ、鳴海の元にライドウを預けたのは超國家機関ヤタガラス(以下ヤタガラス)の思惑なんだろ? とすると、実はそれこそがヤタガラスの狙いだったんだろうか。「過去の侵略戦争のことなんて今の若者が気にすることは無い」などと言ってしまうようなちゃらんぽらんな男の方が、大和侵略者・神武天皇の子孫(大正天皇)を守護しているヤタガラスにとっては都合が良いのは確かだろう。
逆に「過去の侵略のことは今の若者も背負わなければならない」と言えるような立派な大人は、ヤタガラスにとっては目障りだからな…。ヤタガラスとしてはそのような人間にライドウを預けたくなかったから、無責任男の鳴海が相応しかったのかも知れない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年12月8日水曜日

真珠湾攻撃はこのゲームでは描かれないが、将来確実に起きるし、「当時は無謀とは思われていなかった戦争」へと突入するのだよ…

 

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

真珠湾攻撃から80年…

今日は真珠湾攻撃から80年ということだ。
『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)の未来を垣間見れるラストダンジョン(以下ラスダン)ではこれは描かれないにせよ、東京大空襲や原爆投下の描写がある以上、真珠湾攻撃も確実に発生するのだし、その責任は天皇守護組織「超國家機関ヤタガラス」、及び配下のライドウにもあるのだ。

無謀な戦争? 当時はそう思ってなかったのでは…?

後世では、「アメリカに勝てもしないのに日本は無謀な戦争をした」とよく言うけど、当時の日本ではそうは思われてなかったのでは無かろうか。「日露戦争や日清戦争に勝てたのだから、アメリカにも勝てる」と思い込んだ人々も多かったことであろう。
そして『超力兵団(Soulless Army)』の世界は、史実の戦前日本より科学力が高い設定になっているようなので、このゲームの世界ではその「日本はアメリカにも勝てる」という思い込みが現実となっていた可能性もあるのだ。まあ、ラスダンの描写を見る限りではそれは無かったのだろう。
ただ、製作者は初めはそういう「高い科学力のお陰で日本がアメリカに勝った」ことをラスダンで描くつもりで「史実の日本より科学力が高い」設定にしたのでは…、という可能性はある。ミリオタにはありがちな妄想。でもさすがに「そのような未来描写にすると、若者の歴史観を歪める恐れがある」として、実際のゲームでは破棄したのかも知れない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年11月27日土曜日

製作者は「ヤタガラスに共感して欲しい」と思ってこのゲームを作ったのではないのか…?

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

ヤタガラスは戦争と植民地支配を推し進める立場である…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)に出てくる味方組織「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス)は、大正天皇としか思えない人物を守護しており、さらに「日本を霊的な力で守護する」設定である。
しかしこのゲームをプレイすれば分かるが、ヤタガラスはどう考えても怖ろしい組織だ。よく考えてみるがいい、天皇を守護するとはどういう意味があるかを。そう、天皇が始める戦争(「聖戦」)と、近隣国の植民地支配を積極的に推し進めることだ。

まさか「ヤタガラスに共感しろ」とでも…?

製作者としても、過去の『メガテン』に出てくる架空宗教「メシア教」のように、「ヤタガラスは一見良さそうでも、実は怖ろしいもの」として描きたかった節はあるのだろうが、過去の『メガテン』とは異なりヤタガラスに従う展開しか用意していないのはおかしい。日本と天皇を護らない話を入れると右翼に襲撃される恐れがあるからなのか。
実は、製作者は「ヤタガラスに共感して欲しい、国を護ることは素晴らしいと感じて欲しい」と思って作ったのではないのか、とも思える。そうだとしたら、いったい何を考えているのか。
だいたい、ヤタガラスに共感出来るのは天皇好きの右翼だけだというのに…。やはりこのゲームは右傾化した今の日本には相応しくないものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年10月26日火曜日

なぜ反天皇制の者が某皇室女子と一般人の結婚を祝っているのだろう…?

 

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

なぜ反天皇制の私が…

某皇室女子が、渦中の某一般人と結婚したそうだ。結婚反対の皇室ファンにも負けずに意志を貫き、結婚に至ったことは目出度い。
だが、これを言っている私は反天皇制の者である。そして結婚を祝わず相変わらずバッシングを続けているのが結婚反対派の皇室ファン…、という、いびつな構造がある。これはそもそも天皇制自体が、そして皇室自体がいびつな構造であることの証明では無いのか。

恐らくヤタガラスは結婚を祝うどころか…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)に出てくる味方組織・超國家機関ヤタガラス(以下ヤタガラス)は大正天皇を守護する組織であるが、もしヤタガラスが戦後にも生き残って天皇家を守護していたとしたら(戦後には解体されていると思うが)、某皇室女子との結婚には反対してバッシングする側になるであろう。ヤタガラスは恐らく「彼女が某一般人と結婚したら天皇制と皇室が崩壊する」と考える(ただの妄想に過ぎないが)立場だろうからね。そう考えれば、ヤタガラスもまたいびつな構造の組織だと分かるのでは無いか。それが味方なのはやはり問題があると考えている。

別ブログの更新情報

ついでに別ブログ「悪魔狩人・桐嶋ローダversus日帝守護組織やたがらす」の更新情報もお届けする。






このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年10月3日日曜日

天皇家が特別だと思っているからこういうことになるんだ…。やはり天皇制は廃止一択であろう

 

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

天皇家の人間だけ特別扱いするから…

皇室の某女子が一般人の某氏と結婚することに対して、主に皇室ファン、右翼、天皇好き、マスコミから「皇室の品格を守るために結婚反対」とバッシングされて、そのせいで某女子にトラウマを残したと発表されたが、それの影響なのかYahooも「ヘイトコメント止めろ」なんて文面を発表している…。今まで韓国ヘイトコメントは散々放置していたくせに今更何を言うか! コメント欄閉鎖すればいいだけの話だ。
やはり、天皇家の人間だけ特別扱いしているからこういうことになる。天皇家、皇室へのバッシングと比べれば韓国ヘイトなど大したことないと考えているのだろう。こんなことになるから天皇制は廃止すべきなのだ。天皇家が無くなると日本の伝統が無くなるだって? そもそも伝統でも何でもない。「天皇家は日本の伝統」というのは、近代になって捏造された説だ。

もし天皇制が廃止された日本だったら…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下 『超力兵団(Soulless Army)』)は間違いなく、戦後も天皇制が残り、未だに「天皇家、皇族は特別」とされる日本だからこそ出て来た作品なのだ。何度でも言うがこのゲームは「大正天皇崇拝組織を味方として、天皇を救い、天皇にまつろわぬ者を倒し大日本帝国を救うゲーム」だ。
もしも戦後、天皇制が廃止されて「やんごとなき身分の人間」が存在しない日本だったとしたら、『超力兵団(Soulless Army)』は発売されることは無かっただろう。日本人の多くが「天皇家は特別、天皇によって日本は守られている」なんて、捏造された話を信じている日本だからこそ、『超力兵団(Soulless Army)』のようなゲームがリリース出来るのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年9月22日水曜日

そもそも植民地支配の怖ろしさを知らないから、天皇守護組織が味方であることの問題点も分からないのだろう…

 

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

植民地支配は悪だから…

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)で、大正天皇と日本守護組織「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス)が味方であるのは問題だと繰り返し書いても、日本による植民地支配について何も知らないオタクには分からないのだろうなぁ…。
日本による植民地支配は「天皇の名の下に、八紘一宇達成のために」行われた。八紘一宇とは「天皇を父、国民を子どもとして、全ての世界を一つの家にする」という思想だ。天皇の名の下に行われたのだから、当然このゲームの世界ではヤタガラスにも植民地支配責任は生じる。そして植民地支配は悪であるから、「植民地支配で日本はいいこともした」なんて言い訳は通用しないのだよ。

植民地支配の実態を知らないのか?

日本による植民地支配の実態とはどういうものか。ゲームの舞台である1931年当時であれば、韓国や台湾の文化を破壊し、日本の文化や天皇崇拝を押し付け、逆らう人間を弾圧して拷問、殺害し、土地を奪い、搾取することだ。さらにゲーム上の将来は、中国も侵略して植民地にするであろう。これが実態だ。その責任はヤタガラスも、ヤタガラス配下のライドウも負うことになる。ライドウにその自覚はあるのか? 無いとすればもうヤタガラス配下のデビルサマナーなど止めてしまえばいい。
植民地支配の実態を知れば、ヤタガラスが味方であることの問題も分かるはずだが。しかし日本人は日本と近隣国の近代史をろくに勉強していないから…。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年9月16日木曜日

天皇や天皇家ゆかりのものをゲームに出すと、天皇系スピ好きの人にばかりウケたり、「天皇系スピの宣伝」と言われかねないのだが…

 

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

天皇や天皇家はスピリチュアル好きの人にもウケやすい…

日本では「天皇や天皇家は霊的な力を持っていて、日本を護っている」といった、天皇・皇室関連のスピリチュアルネタが存在しており、愛好家も居るようだ。
これはまさに『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)で、大正天皇守護組織「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス)が「霊的な力で日本を護っている」設定の元ネタなんじゃないか? でも、こういうネタはスピリチュアル系の人にばかりウケてしまいがちなんだよなぁ…。

このゲームでは「天皇に霊的な力があるのは本当」ってことに…

天皇関連スピリチュアルなんて、現実じゃ胡散臭いものでしかないけど、このゲームではそれが本当になっているとしか考えられない。『メガテン』では神も悪魔も実在するし、超常現象も普通に発生するわけだし…。
つまり、ヤタガラスが日本を護ることが出来るのは、実は「ヤタガラスが守護している天皇に霊的な力があるから」なのではないのか? 天皇が居なくなっては日本守護が出来なくなるので、第七話で「呪われて危機に陥った大正天皇を必ず救え」とライドウに命じた…、と考えれば合点が行く。
ゲーム中では「天津金木」「トホカミエミタメ」など、天皇家スピリチュアルにハマっている人が好きそうなものが出てくるが、こういうのも「天皇家スピリチュアルを宣伝している」と見なされて嫌われる可能性もあるとは考えなかったのだろうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年9月9日木曜日

マスコミが嫌韓・嫌中・反北朝鮮言説を垂れ流す時代には『ライドウ(Raidou)』シリーズは復活させるべきでは無いのだ…

 

(※画像は筆者のコレクションより。イメージです)

嫌韓・嫌中・反北朝鮮を煽るマスメディア…

近年は、別に右翼媒体では無い一般マスコミでさえも「中韓は反日」だの「北朝鮮は日本を狙っている悪の帝国」だのと嫌韓・嫌中・反北朝鮮言説を垂れ流し、韓国ヘイト・中国ヘイト・北朝鮮ヘイトを煽るような時代である。嫌韓・嫌中・反北朝鮮思想に染まっているのは何も「右翼やネトウヨだけでは無い」時代…。
そんな右傾化した時代に『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)というゲームを復活させてはならない。何度でも書くが、これははっきり言えば「軍の大元帥である大正天皇や、侵略国家・大日本帝国を救う右翼ゲーム」だから、今の日本には相応しくない。右傾化している時代には相応しいように見えて「相応しくない」とは、どういう意味か? それは…。

「韓国ヘイト・中国ヘイトを煽るゲーム」になる恐れがある

そう、右傾化した今の時代では、このゲームに触発されて「韓国ヘイト・中国ヘイトを始めるゲーマーが出てくる可能性」が、2006年と比較すると高くなっているのが問題なのだ。
特に右翼媒体には触れないノンポリの一般人であっても、一般マスコミが嫌韓・嫌中・反北朝鮮言説を振りまくものだから、「北朝鮮は怖い、経済制裁は当然だ、北朝鮮と繋がっているらしい朝鮮学校は無償化しなくていい、反日の中韓とはもう断絶した方がいいのかも」なんて考えている可能性がある。つまり右翼でなくても今の人たちは「ややウヨっているのがデフォルト」になっているとしか考えられない。無論、日本の右傾化に反発する人々も居るわけだが、それは少数派だろう。
万一このゲームを復活させた場合、その「ややウヨった人たち」及び「バカウヨ」どもに「刺さる」可能性が高い。そして「天皇にまつろわぬ神を倒し、天皇と大日本帝国を護るライドウは素晴らしい。やはり大日本帝国と天皇は偉大だ。彼を見習って天皇嫌いの『反日』日本人と在日を排除しよう。そして次は、ライドウが中韓を滅ぼすようなゲームを作るべきだ」などと、あからさまな中韓ヘイト言説を垂れ流す者も現れそうだ。私はそれを懸念しているからこそ、ライドウは好きだが『超力兵団(Soulless Army)』及び続編、『ライドウ』シリーズ復活に反対し続ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年9月8日水曜日

「過去のことは今の人間には関係無い」って言うなら、空襲と原爆のことも忘れてみろ! それが出来ないならば「昔の侵略戦争や植民地支配のことは忘れろ」などと中韓に言う資格は無い!

 

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』や『リラックマ』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

昔のことは今の人間には関係無いって? 関係あるだろう…

ネトウヨ・バカウヨ連中は中韓の人に対してよく「かつての日本が中韓を侵略して植民地にしたことなど今のお前たちには関係無いだろう」と言うが、これこそが大きな過ちなんだよ。この言葉は『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2)の第拾話で鳴海が言うセリフとそっくりである。
繰り返すが鳴海は第拾話で、天津神の子孫・神武天皇に日本から追放され日本を憎む神・スクナヒコナに対して「…馬鹿な、何千年もの昔の恨みなんて、今の俺たちには関係ねぇだろ!」と言い放ってしまうのである。
そもそも、過去の歴史は今と繋がっているのだから、今の中韓の人にもかつて日本がやった侵略戦争のこと、植民地支配のことは関係がある。日本の侵略と植民地支配(日本は中韓に侵略し文化を根こそぎ奪おうとしたのだ)によって、その後の中韓の歴史は大きく変わったからだ。もし日本の侵略が無かったら、今の中韓の姿もまた違ったものになっていただろう。もしかしたら朝鮮戦争も起きず、韓国と北朝鮮に分断されることも無かったかも知れない。そして今の日本人には直接の加害責任は無いとしても、「中韓に加害した者たち」の子孫であることは事実だし、それが今の日本にも影響を及ぼしている。

それを言うなら空襲と原爆のことも過去のことだから、今の日本人には関係無いことになるよな?

バカウヨどもは、中韓に対しては「昔のことは忘れろ」と言うが、逆に日本が空襲や原爆投下に見舞われたことについてはしつこく「アメリカが悪い」と責め立てる…。これはダブルスタンダードだ。「今の人間には昔のことは関係無い」なら、「空襲や原爆のことも今の日本人には関係無い」ことになるのだがねぇ? しかも原爆投下に至った原因は「昭和天皇がなかなか戦争を終わらせなかったこと」なのにね。アメリカだけが悪いのでは無かろう。
本気で中韓に対して「昔のことは忘れろ」と言うならば、まず自分自身が「空襲と原爆のこと」を一切忘れてアメリカを責めるのを止めるべきだな! それが出来ないならば中韓に対して「昔のことは今のお前たちには関係無いから忘れろ」と言う資格は無い!
結局、バカウヨには「日本の加害史は忘れたい、しかし被害史は忘れたくない」という思いしか無いのだ。侵略の被害者であるスクナヒコナに「…馬鹿な、何千年もの昔の恨みなんて、今の俺たちには関係ねぇだろ!」としか言えない鳴海もそのタイプであろう。そんな男が、まだ未成年のライドウを保護するのは好ましいことでは無い。
先日オープンした新ブログ「悪魔狩人・桐嶋ローダversus日帝守護組織やたがらす」でも同じようなテーマの記事を書いたので参照のこと。


このエントリーをはてなブックマークに追加


2021年9月7日火曜日

鳴海に育てられるとライドウは右翼化しそうだから心配だなぁ…。まあヤタガラスに仕えている時点で右翼なんだけど…

 

(※画像は筆者の『すみっコぐらし』や『リラックマ』ぬいぐるみコレクションなど。イメージです)

鳴海から悪い影響を受けそうだから心配だ…

昨日の記事。


ここから引用する。
ネットを見ていると、「明らかにバカウヨとしか思えない親が、子どもを歴史修正主義・嫌韓・嫌中のバカウヨに育てようとしている」ケースが時折見られる。

そう、明らかにバカウヨの親が子どもをバカウヨにしている例がある。

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団(Devil Summoner: Raidou Kuzunoha vs.the Soulless Army)』(プレイステーション2。以下『超力兵団(Soulless Army)』)の第拾話で、主人公・ライドウの上司である探偵の「鳴海」は、敵の「スクナヒコナ」(かつて日本に侵略してきた神武天皇に追放された神。日本への復讐心を持つ)に対して「…馬鹿な、何千年もの昔の恨みなんて、今の俺たちには関係ねぇだろ!」などと、まるで嫌韓・嫌中のネトウヨみたいなセリフを言うわけだが、鳴海に保護されているライドウには悪影響があると思う。侵略の被害者に対してこのように言い放つ鳴海を見たライドウは、将来右翼化しそうだ…。まあ、天皇守護の超國家機関ヤタガラスに仕えている時点で実質的には右翼なのだが。

敗戦後「昔の日本がやったことは戦後生まれの日本人には関係無い…」と言い出しそう

このゲームの未来で日本が戦争に負けた後、鳴海やライドウはどこへ行くのだろうな。もしかすると戦時中は二人とも召集されて戦地で人殺しをしたのかも知れない。無事に日本に帰ったとして、探偵業を続けているとは限らない。筑土町も焼き払われている可能性があるから。私は、敗戦後はライドウはデビルサマナーを辞めると考えているが、鳴海も探偵を辞めているかも知れない。
そしてさらに未来、戦争のことが忘れ去られようとしている頃、ライドウと鳴海はあの戦争のことをどのように考えるのか。もしかすると「確かに我々は戦争で他の国に酷いことをしたかも知れないが、それは戦後に生まれた日本人には関係無いことだ…」とか、「いや、日本のやった戦争は正しかったのだ」と言う可能性はある。鳴海の第拾話でのセリフを見れば、そのような予測は成り立つ。

ついでに新ブログ開設のお知らせ

ついでなのだがお知らせ。はてなブログの方でこのブログの姉妹ブログを開設した。以前より書いている「悪魔ハンター桐嶋ローダVS八咫烏」とは別の新ブログである。


こちらも基本的には『超力兵団(Soulless Army)』のことを書くブログだが、ここでは今後二次創作イラストも公開しようと考えている。
最初に書いた記事はこちら。


このエントリーをはてなブックマークに追加