2020年11月8日日曜日

「極悪人の昭和天皇」の父を救えというのか?

 『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』の第七話について

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(プレイステーション2)の第七話は、「大正天皇(としか思えない人物)にかけられた呪いを解くために敵を倒せ、そうしなければ許さん」と、味方の組織「超國家機関ヤタガラス」に命じられる話である。
この話には多くの問題がある。その一部はこういうことだ。

第七話の何が問題であるか

大正天皇は、昭和天皇の父である。
一般的に日本では、昭和天皇は「暴走した日本軍に騙されて戦争を始めただけだから戦争責任は無い」とか、「聖断によって戦争を終わらせた」などと思われている節があるが、それは捏造である。
昭和天皇は戦犯だと思っている。無謀な戦争を始めることを選び、原爆が落ちるまで戦争を止めようとはしなかったから。そして戦後、戦争責任を取ろうとはしなかった。東京裁判でも、アメリカの策略で「あえて」罷免された。
そういう視点を持つ人にとっては、第七話は許しがたい話だ。この話を見ると、「極悪人としか思えない昭和天皇の父を救い、天皇家を存続させていずれ戦争が起こるのを黙って見ていろと言うのか? そんなこと出来るか!」と反発するのは確実ではないか? そのことを考えずに作ったのだとしたら、非常に良くない。
結局、この話は「昭和天皇には戦争責任は無い」と考える人に向けて作ったものだとしか思えない。それが問題である。そういう風に考える日本人が多数派だとしても、少数派を切り捨てるべきではなかった。また、日本には在日韓国人・在日中国人が居ることも考慮するべきである。

このエントリーをはてなブックマークに追加