2021年3月14日日曜日

「『国家神道』をモデルとする組織が味方であること」がなぜ許せないのか?

ヤタガラスは間違いなく「国家神道」がモデルである

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(アトラス。プレイステーション2。以下『超力兵団』)に登場する組織「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス)は、大正天皇を守護する組織であり、主人公・ライドウの味方をしている。
このヤタガラスのモデルとなっているのは、明らかにかつて存在した国教「国家神道」である。『超力兵団』の第七話は「敵の策略で危機に陥った大正天皇(とは呼ばれていないが、「日本にとって重要な御方」と言われるので間違いなく天皇である)を救え」とヤタガラスに命じられる話なのだが、「それに逆らうことは許されない」ことから見れば理解出来るだろう。
「国家神道」及びそこから派生した「教育勅語」の教えでは、「天皇は神の子孫で、神聖なものであり、国家の危機の時は国体(天皇制国家)を命がけで護れ」となっている。第七話はまさにこの教えを再現したものと言える。

「国家神道がモデルの組織を味方にする」のは、戦争と植民地支配を正当化する意味合いがあるから…

では、ヤタガラスを味方にすることにはどのような意味があるか。それは「天皇は神の子孫で、神聖なもの。そして天皇を頂く日本はアジアで一番偉い国」という神話を実話とし、「軍の大元帥であった天皇が起こした近代の戦争や、天皇の名の下に行われたアジアの植民地支配を正当化する」意味合いがあるとしか思えない。
私は、たとえゲームであろうとも「天皇と日本が引き起こした戦争と植民地支配の正当化」は絶対に許せない。だからこそ、ヤタガラスを味方とするこのゲームには非常に重大な問題がある、と繰り返し言っているのだ。このような重大な問題のあるゲームを、今の世の中に復活させて欲しくはない。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年3月10日水曜日

ヤタガラスが味方なのは、要するに「権力側に付き従い、歯向かう者たちを弾圧する」ことだから…

超國家機関ヤタガラスが味方であることの問題点

『デビルサマナー葛葉ライドウ対超力兵団』(アトラス。プレイステーション2)では「超國家機関ヤタガラス」(以下ヤタガラス)という「天皇を守護し、日本を霊的な力で支配する組織」が主人公・ライドウの味方である。この設定の問題は多数あるが、今回取り上げるのは「権力に付き従うこと」の問題。

結局のところ「権力者に付き従うことを良しとしている」話だから

ヤタガラスが味方ということは、必然的に「強い権力者側」に付き従うことを意味する。ヤタガラスに従い戦うのは、結局のところ「権力に従わない者たちを弾圧する」ことになってしまう。一見するとこのゲームのシナリオは「帝都を崩壊させようとする、強くて悪い奴らを倒す」話のようだが、実際のところは「敵よりももっと強い権力と力を持つヤタガラスの命令に従い、絶対権力に歯向かう者たちを弾圧している」のである。これこそが「ヤタガラスが味方であること」が問題である理由の一つ。それこそ、かつてのドイツで例えるなら「ナチスの味方をしている」のと同じことだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加